浮気されて傷付いた私の心を救ってくれた『○○の話』

未分類

私は3年前に旦那に浮気をされ、死ぬほど辛い思いをしました。

私が毎日家事や育児を頑張っている間に浮気されていたこと、私と一緒に出かけている間も浮気相手とLINEしていた事実など・・・ふと思い出しては涙を流す毎日。

この先どうしたら良いのか分からず、本当に毎日暗闇の中にいるような気持ちでした。

スマホで浮気に関する記事や悩み相談をながめ、旦那の浮気で苦しんでいるのは自分だけじゃないんだと知って、気持ちが少し楽になったのを覚えています。

そんな中で、心が救われるお話に出会ったのでご紹介します。

とてもインパクトのあるタイトルですが、内容はとても前向きになれるもので、私の考え方を変えるきっかけにもなりました。

斎藤一人さんの『道端のウンコの話』を読んで気持ちが楽になった

 

ネットで様々なサイトを見ている中で、あるブログに載っていたのが『道端のウンコの話』です。

「道端のうんこの話」を紹介します。

ある人が旅の途中で、うんこを見つけました。道中には綺麗な花や風景があったのに、ずっとうんこの話をしています。
「あのうんこはこういう形をしていた」「こんな色だった」こんな話、誰が聞きたいでしょうか?時間の無駄です。
咲いていた花や、綺麗な景色について思いを巡らせませんか?

この「うんこ」というのは、あなたが許せない人のことです。そんな人のために、あなたの貴重な時間を使うのですか?
あなたの愛する人のために、あなたに優しくしてくれる人のために時間をささげませんか?

これは、長寿番付で1位にもなった実業家の斎藤一人さんのお話です。

いつまでもウンコの色、ツヤ、形にこだわるのはやめて、自分の人生を進みましょう。
ウンコは勝手にウンコなりの人生を送るでしょうから…

とはいえ、合法的には責任はとってもらいましょう。まずは弁護士に相談してください。
慰謝料を払って反省してもらったら、それ以上ウンコに構う必要はありません。

そのブログはもうなくなってしまったみたいですが、コピーして残しておいた文章があったので載せておきます。

後で調べてみたところ、これは斎藤一人さんという方の『大開運 人生を楽しむ仕組み』という本の一節でした。

浮気相手はウンコ!!

自分が許せない相手をウンコに例えるというのはとてもユニークですが、そう考えるとなんだか気持ちが楽になりませんか?

結婚していると知りながら浮気をするなんて、そんな最低な人間は正直ウンコ以下・・・なんて言うと言葉が悪いですが、たしかに嫌なことばかり考える人生より、楽しいことを考える時間が多いほうが幸せですよね。

あなたもウンコのことばかり考えるのはやめ、道端に咲いているきれいなお花に目を向けて見ませんか?

すぐに忘れる必要はないけれど、けじめをつけたら前に進もう

もっと楽しいことに目を向けましょうと言いましたが、ショッキングな出来事というのはそう簡単に忘れられるものではありませんよね。

浮気の事実を知った後は、そのことばかりを考えてどんどん辛くなってしまうもの。

もちろんすぐに忘れろというのは無理な話で、やっと普段の生活に戻れたと思っても、ふとした瞬間にフラッシュバックに襲われる・・・という人もたくさんいるのが実情です。

なので、いったん心を落ち着けたり、旦那と話し合いをしたり、涙が枯れるまで泣くのもときには大切。

そしてだんだんと時間が経って、自分の進む方向性がなんとなく見えてきたら、あとはウンコ(=浮気された事実や浮気相手のこと)に無駄な時間をかけず、自分や大切な人のために時間を使えると良いですね。

私の場合はとにかく子どもを幸せにすること、子どもと一緒に自分も幸せになることを大切にしたいと思いました。離婚はできなかったので、子どもと自分が幸せになるためには旦那ともある程度うまくやっていく必要がありました。

今ではそこそこ仲良く暮らしています。

ちなみに浮気されて地獄の日々から、今の穏やかな生活に至るまでの私の思考の変化などもまとめているので、よかったら読んでみてください。

さいごに

『道端のウンコの話』、いかがでしょうか?ちょっとだけ気持ちが楽になりましたか?

私も浮気されたことを思い出し、どうしても辛くなってしまうときが何度も何度もありました。でもこのお話を読んで、浮気された過去にはなるべく固執せず、もっと大切なことに時間を費やそうと考えるきっかけになりました。

あなたにも前向きな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

それと、浮気されたことにけじめをつけるなら、浮気相手に慰謝料請求をするのがおすすめですよ。

「慰謝料」と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、私も手探り状態から実際に浮気相手に慰謝料請求を行いました。

参考になれば嬉しいです。