浮気相手に慰謝料請求!条件や有利な進め方は?体験談と合わせて解説します

未分類

 

  • 旦那の浮気相手に慰謝料請求したい!
  • 慰謝料請求できる条件って?
  • 相場はどれくらい?
  • どんな風に進めるの?
  • 裁判を起こさなきゃいけないの?

 

浮気相手に対して最も有効かつ合法的な仕返し方法は慰謝料請求をすること

でも慰謝料請求の進め方ってどうしたら良いのか、疑問点や不安もありますよね。

この記事では、浮気相手に慰謝料請求する際の条件や相場、有利になる方法などを、実際に旦那の浮気相手に慰謝料請求した私の体験談と合わせてご紹介します。

ちなみに私は慰謝料請求したものの、慰謝料を取ることができませんでした。なぜ取れなかったのか、どうすれば支払ってもらうことができたのか、実例と反省点も踏まえて解説していきます。

浮気相手に対する慰謝料請求について

慰謝料請求できる条件は?

浮気相手に慰謝料請求をするにはいくつかの条件があります。

慰謝料請求できる
  • 不貞行為(肉体関係)があった
  • 既婚者と知っていた
  • 自分の意思で関係を持った(強姦ではない)
慰謝料請求できない
  • 好意を持っていただけで肉体関係はない
  • 既婚者であると知らなかった
  • 既に夫婦関係が破綻していた
  • 強姦された

相手が既婚者であると知りながら肉体関係を持った場合に慰謝料を請求することができます。

逆に、例えば旦那が独身だと嘘をついていた場合などは浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

慰謝料の相場

慰謝料の金額に明確な決まりはなく、夫婦の関係性や状況によってかなり変わってきます。

一般的には、言われている相場は以下の通り。

離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合 50万円~100万円
浮気が原因で別居に至った場合 100万円~200万円
浮気が原因で離婚に至った場合 200万円~300万円

(参考:https://www.adire-isharyou.jp/

婚姻期間やそれまでの夫婦関係、子供がいるかどうかなども影響してきます。

私は離婚も別居もしなかったので、慰謝料100万円を請求しました。

慰謝料を請求できる期限

不貞行為による慰謝料請求の期限は不貞(浮気・不倫)を知ってから3年間とされています。

でも3年も期限があるからと言って先延ばしにするのはおすすめできません。

先延ばしにしている間も浮気が継続するかもしれませんし、相手に反省させる効果は時間が経つほど薄れてしまいます。

私は慰謝料請求をするかどうか非常に迷いました。ずるずると悩み続けて、実際に請求したのは浮気を知ってから1年後。今思えば、もっと早く行動していれば良かったと思っています。

浮気の証拠について

慰謝料請求するのに証拠は必要?

証拠がなくても慰謝料請求をすることはできます。

ただ、やはり証拠があった方が有利に進められるのは事実。

証拠があれば・・・

  • 相手が「やってない」と不貞行為を認めない場合、証拠を突きつけて認めさせることができる
  • 裁判でも不貞行為が認められる
  • 交渉の段階でも、決定的な証拠があれば相手が裁判で勝てないとわかり示談(※)に応じる可能性が高くなる

(※示談:裁判ではなく話し合いで解決すること)

決定的な「証拠」とは?

不貞行為の証拠にはさまざまなものがありますが、裁判で認められる証拠として有効なのは以下の通り。

証拠として有効なもの
  • ラブホテルに出入りしている写真や動画
  • 探偵の報告書
  • ラブホテルの領収書
  • 配偶者や浮気相手が不貞を認めた書面や音声データ
  • 肉体関係があったとわかる内容のメール等
決定的な証拠にはならないもの
  • ビジネスホテルや自宅等に出入りする写真
  • レストランやビジネスホテルの領収書
  • 電話の通話履歴
  • 日常的なやり取りのメール等

最も有効な証拠となるのはやはり「ラブホテルに出入りしている写真」やそれを記載した「探偵の報告書」であると言えます。

ただ、決定的な証拠にはならないものでも組み合わせることで有効になることもあります。また、示談であれば証拠がなくても慰謝料を払ってもらえる可能性は十分にあります。

ちなみに私の場合ですが、旦那と浮気相手のLINEの内容や会話の音声データはあったものの、決定的な証拠と言えるものはありませんでした。それでも弁護士を通して示談で交渉してみたのですが、相手は「やっていない。慰謝料も払わない。」の一点張りだったそうです。確実な証拠がないまま裁判を起こす勇気はなく、残念ながら慰謝料請求をするのはそこで諦めることになってしまいました。

慰謝料請求の流れ

自分で請求することもできますが、弁護士に依頼するのが確実です。

どんなときに裁判になるの?

必ず裁判となるわけではありません。むしろ示談で解決することの方が多いです。

示談による交渉を行った上で、

  • 相手が交渉に応じない場合
  • 相手の支払い金額に納得がいかない場合

に裁判を起こすことができます。

私が慰謝料請求するまでの流れ

私が慰謝料請求をしたときの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 法律事務所に相談(メール)
  2. 状況のヒアリング(電話)
  3. 必要書類を提出(郵送)
  4. 正式に契約、着手金を支払う
  5. 弁護士との打ち合わせ(電話)
  6. 弁護士から浮気相手に電話で慰謝料請求

ちょっとうろ覚えなところもありますが、だいたいこんな感じの流れだったと記憶しています。

やり取りは全て電話や郵送で行ったので、実際に事務所に足を運ぶ必要もなく、子育て中で忙しかった私も対応することができました。

浮気相手と会う必要はあるの?

私の場合は全てスタッフの方や弁護士の方とのやり取りのみで、浮気相手と顔を合わせることも話をすることもありませんでした。

相手が慰謝料の支払いに応じない場合は?

弁護士から慰謝料請求がされても、浮気相手がそれに応じないことがあります。

こうなった場合は慰謝料請求を諦めるか、裁判を起こすかのどちらかになります。

裁判を起こすなら決定的な証拠をおさえてから

上記でもご紹介しましたが、裁判で不貞行為が認められるためには証拠が必要になります。

一般的には「ラブホテルに出入りしている写真」や、それを記載した「探偵の報告書」などが決定的な証拠として認められます。

裁判を起こすためには、裁判費用や弁護士への報酬などがかかるため、確実に慰謝料が取れる保証がないと損をしてしまう可能性があります。

せっかく時間も労力もかけたのに、金銭的にも損をしてしまっては悔しいばかりですよね。

なので裁判を起こすなら、確実に証拠を抑えておく必要があります。

早めの行動が重要!

慰謝料請求なんて、ちょっと大げさ・・・と感じるかもしれませんが、早めに決断して行動するほど慰謝料を取れる可能性は高くなります。

もし今決定的な証拠を持っていないなら事前に証拠を集める期間が必要ですし、その後弁護士に依頼して慰謝料請求がされるまで少なくとも数週間〜数ヶ月はかかります。

私も最初はためらっていて、なかなか行動に移せませんでした。

慰謝料請求なんて大げさだし、浮気相手に逆恨みされたら困る、そんなことをしたら旦那にも嫌われるのではないか・・・そんなことを悩みながら、いつまでも心に引っかかったまま1年近くが経ちました。

しかし、このまま何もしないでいるといつまでも相手を恨む気持ちから抜け出せないと思い、ようやく決意が固まりました。

ずるずると悩み続けた期間は本当に無駄だったなと思います。

早めに決断して行動すれば、さっさとけじめをつけて終わりにすることができます。

私は結果的に慰謝料は取れませんでしたが、弁護士を通して請求をしたことでこちらの本気度を示すことができたと思いますし、自分の中でもけじめを付けて前に進むことができました。

今思えば、くよくよ悩んでいる間に証拠を抑えておけば、裁判を起こして慰謝料を取ることができたのかな・・・と思うこともあります。

探偵事務所って怖くない?

証拠が必要なことはわかったけど、探偵事務所に相談するのってなんだか大げさだし、お金もかかりそうだし、少しとまどってしまいますよね。

探偵事務所を名乗って詐欺行為をする団体も存在するし、なんだか不安。

そもそも近所に探偵事務所があるか知らないし、どこに依頼したら良いかわからない・・・。

私もそのように考えて、探偵に依頼するなんて無理…と思っていたんです。

でも後になって、こんなサービスがあることを知りました。

探偵さがしのタントくん
あなたにピッタリの探偵を2分で診断!探偵さがしならタントくん

 

自分に合った探偵事務所を無料&匿名で診断してくれるサービス『探偵さがしのタントくん』です。

近場の探偵事務所を自分で探して直接連絡するのってけっこう勇気がいりますよね?それにやっと見つけたところが、法外な料金を請求したりする怪しいところだったらどうしよう…という不安も捨て切れません。

でもこのサイトを利用すれば、いくつか質問に答えるだけで、全国の探偵社の中から自分に合ったところを紹介してもらえます。

探偵業の届出や実績がある信頼できる探偵社だけを扱っており、中立的な立場で紹介してくれるので安心です。

相談から紹介までは無料。紹介してもらった探偵社を利用して初めて料金が発生します。

当時このサービスを知っていたら間違いなく利用していたと思います。

また、匿名で何度でも相談することができますので、ひとりで抱えている悩みを話してみるだけでも気持ちが楽になるのではないでしょうか。

実際に探偵を利用するかどうかはその後決めればいいし、探偵調査を利用しなければ費用は発生しません。

もし当時の私と同じように「探偵事務所なんて大げさ・・・」と思っているなら、一度試してみる価値はあると思います。

まとめ

浮気相手への慰謝料請求についてまとめます。

  • 相手が既婚者と知りながら不貞行為があった場合に慰謝料請求することができる
  • 慰謝料の相場は50~300万円程
  • 期限は3年間
  • 示談で交渉し、相手が認めない場合は裁判を起こすことができる
  • 証拠は必須ではないが、あった方が有利に進められる
  • 決定的な証拠は「ラブホテルに出入りしている写真」や、その事が記載された「探偵の報告書」

証拠があれば裁判で勝てますし、示談の段階でも慰謝料を取れる可能性が高くなります。

私のように確実な証拠がなく諦める形で終わってしまうと、もらえるはずのお金がもらえずに後悔してしまうかもしれません。

無料相談を受け付けている法律事務所も多いですし、先ほどご紹介した探偵さがしのタントくんもおすすめです。

こうしてネットの情報を集めるのも悪くありませんが、いつまでも悩み続けるより、けじめを付けるためにも一歩踏み出して行動してみるのはいかがですか?

あなたが前向きに生きるきっかけになれば幸いです。

 

探偵さがしのタントくん